突如はまったワイヤーワークでアクセサリーを作っています。ほかにもミシンを走らせたり、編み棒持ったり、とにかく何か作ってます。


by kuromi-n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

秋はハイキング~武田尾へGo!

10月になってようやく涼しい風が吹いて
は~どっかハイキング行きたいよな~と思ってた折
じじ&ばばの提案で武田尾の廃線跡をたどる旅に出かけることとなった

JR福知山線が単線だった武田尾~生瀬間の線路跡が
今ではちょっとしたハイキングコースとして知られている。
地元に住んでおりながら、今まで行ったことがなかったのでウキウキ

カナは「え~歩くのいや~ズボンいや~」などとストライキ起こしていたが
強制的にハイキング敢行。

涼しい風といってもまだまだ日差しは強く痛いほど
その代わり、山と空のコントラストがくっきりのものすごい景色
d0089538_1631148.jpg
そんな中、レールを外された枕木とジャリを踏み越え行くと
最初のトンネルが登場

d0089538_1672733.jpg
これが密かな名物(?)で山中の線路とあってトンネルを数箇所歩いていく
廃線なのでもちろん無灯火。
懐中電灯がいるよ、と聞いてはいたが1つめはすぐ向こうが見えるので
な~んだって感じ。子供達はヒヤヒヤキャーキャー探検気分を楽しんでる

しかし、これを侮っていると2つめ3つめと進むにつれトンネルが長くなり
とうとう入り口も出口も見えないまっくらけのトンネルに突入。
小さな懐中電灯の明かりが足元1mほどを照らすだけ
ほんっとに真っ暗で距離感もつかめない
すれ違うハイカー達の懐中電灯が急に目の前に現れて驚く
サキの手を引いて歩くのだがこけないよう必死
当人は「ま~っくろくろすけ出てお~いで~で~ないとおめめをほじくるじょ~」とご機嫌(?)
カナはすでにびびりまくりで半べそ状態
ま、これが普通の反応かもな・・・

d0089538_16263010.jpg
そんなトンネルもあり、渓谷を渡る鉄橋もあり
高所恐怖症の私はすでに引き返す気は失せていた
と、いうのもこのコースは途中の名塩までも結構な距離があり
子供達にはムリだろうから途中までで引き返す予定だった
しかし、またあのトンネルを通り(出口まで10分くらいは有にかかる)
鉄橋を渡るのはイヤだったのでそのまま名塩まで行くことに(亥年生まれですから戻りません)
d0089538_1636215.jpg
その判断が良かったのか悪かったのかわかりませんが・・・
その後もまたトンネルを通り、また鉄橋を渡り・・・
すすきの藪を進み谷を見下ろし・・・

昼ごはんも食べずにとにかく歩きに歩いて・・・
ようやくもうすぐ里に着くというところで1時すぎに昼食
じじお手製のおにぎり弁当をありがたくいただき
再出発。もうすぐ着くのかと気を抜いていると
これがまたなかなか遠い。
普通の舗装路を結局40分ほど歩いてようやく西宮名塩の駅に到着・・・
(正直ここが一番精神的にしんどかった~もうすぐと思っただけにね)

武田尾駅を11時ごろ出発して西宮名塩駅に3時・・・
およそ4kmの道のりを4時間かけて踏破してきました(笑)
子供達もよくがんばりました~
私もがんばりました~2日経っても太ももの筋肉痛がとれませんし!
[PR]
by kuromi-n | 2007-10-08 16:05 | つれづれ日記