突如はまったワイヤーワークでアクセサリーを作っています。ほかにもミシンを走らせたり、編み棒持ったり、とにかく何か作ってます。


by kuromi-n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

思い出のアルバム

前日熱をだしたカナもなんとか持ち直して
3月19日無事卒園式に出席することができました。

当日朝も咳でむせて吐いたり
寒の戻りがあまりに厳しくて指定の制服では寒すぎ
急遽温かい服装を探したり・・・
とにかく「今朝の今朝までも!!」という騒動でしたが
ようやく準備も整い最後の登園。
d0089538_04544.jpg

式が始まる前からけっこう盛り上がって
「う」っとなる気持ちを抑えて始まりを待つ。

園児が入場してすぐ修了証書の授与。
今年は一人ずつもらった証書をお母さんのところへ持ってきて
手渡しながら一言感謝の言葉を述べるという演出で
親もその返事をしなければならない。

あっというまにカナの番になって
ツカツカとまっすぐやってくる。
あまりのいじらしさに鼻の奥がツーンとなるががまん。
「おかあさんいつも遊んでくれてありがとう」
という言葉に「ありがとう」と答えるのが精一杯。
そんな盛り上がった場面で緊急事態発生。
盛り上がりすぎた私の鼻からハナミズがツーっと証書の上に落下。
どうすんのよ。一気に覚めたよ。

その後は園児たちのシュプレヒコールが一年間の出来事を
歌を交えて行われ懐かしんでるまもなく
またしても親の出番。
d0089538_0212018.jpg

子供たちの歌が終わると保護者席の親が立ち上がり
「おかあさん、おとうさんもみんなが大きくなってくれてうれしいです」
とセリフを言った後「思い出のアルバム」を歌う。
これは一番ヤバイ歌でしょう?
案の定私はセリフも歌もうたってません。(泣笑)

何がそんなに悲しいのかとにかく泣けた。
あんまりにも泣いてるもんで
ひざに抱いていたサキが心配そうに見上げている。
帰ってサキに「おかあさん泣いてるの大丈夫っておもうた」
といわれまた泣きそうに・・

最後に園丁で先生と写真を撮らせて頂いた。
その後先生がカナの肩を抱いて
「カナちゃんはよくがんばってるよ!がんばってる!
だからがんばりすぎなくていいんだよ」
と声をかけてくださった。

先生はすごい。
2年間担任をしていただいたなかで、
カナはそんなに手のかかる子供ではなかったろう
ましてや優等生でもない
そんな普通の子供の抱えてる「荷物」を先生は憂いていてくださったのでしょう。
親としては「がんばれ、がんばれ」と発破ばかりかけていたけど
カナのココロの「荷物」に気づかなかった。
涙があふれて困った。

この言葉はカナにはよくわからなかったようだけど
これから大人になる中で
親子で壁にぶつかったとき思い出そう
一息ついて周りを見回す余裕が問題を乗り越えるチカラになるでしょう。

2年間の幼稚園生活で親子ともどもたくさんの宝物を得た。
最後にまた一つ大切な宝物をいただいて
卒園。

d0089538_036522.jpg

[PR]
by kuromi-n | 2007-03-20 19:02 | つれづれ日記