突如はまったワイヤーワークでアクセサリーを作っています。ほかにもミシンを走らせたり、編み棒持ったり、とにかく何か作ってます。


by kuromi-n
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

クリスマスこぼれ話 Ⅱ

まだ続くで~

そんなこんなで、日曜がイブですな。
(前回の日記日付まちがってたな~)

イブも結局日中は大掃除(一部)をして過ごし
夕方塚口のスーパー銭湯に行く。
ぜんぜんクリスマスらしくない
が、意外と言うかやっぱりお風呂は空いていた。

帰って前日に買った3割引の鶏モモを温め
出来合いのサラダ、いただきもののケーキ(でもウェスティンホテルのだぜ)
ダンナが買ってくれたスパークリングワイン・・・
と、豪華なのか粗末なのかわからない夕餉を楽しんだ。
d0089538_0292880.jpg

そしてお楽しみの子供たちのオヤスミ時間。
カナはかなり興奮してる様子で、何度も
「サンタさん来るかな」と聞いてくる。
サキはプレゼントをもらうために一大決心しなければならない
それは、生まれてほぼずっと使っているおしゃぶり
(何度も買い替えてるけど)と決別すること。
大きな赤い靴下の中に大事なおしゃぶりを入れて
サンタさんにプレゼントと交換してもらうのだ。
大人たちの方がドキドキ心配した割りに
サキは案外あっさりおしゃぶりを靴下に入れて眠ってしまった。

寝静まった頃、おのおのプレゼントをセッティング
サキのおしゃぶりもおさらばだ。
ようよう役目を果たして眠りに就くと
明け方にカナが起きだしてしゃべりかけてくる。
興奮して目が覚めたらしい
こんな時間にプレゼント見つかったらヤダな~とやきもき
なんとか見つからずにまた寝てくれた。

ホッとしたのも束の間
サキがいきなりワ~ンと泣き出した。
なだめてもぜんぜん効かない
こんなときにおしゃぶりがあれば・・・
しかし、いつまでも吸ってられないのでヤメてもらうチャンスなのだ

その時突然、サキががばっと起き上がって
枕もとの赤いサンタの靴下に手を突っ込んでおしゃぶりを探し出した
もちろんおしゃぶりはなく・・・
なんか入ってる。
寝ぼけてたサキの動きが止まって
きょとんとしている。
こっちは腹抱えて笑いたいのを必死でがまんして
「どした~?」とか声をかけてみる
そこには、以前お店で気に入って欲しくて大泣きしたぬいぐるみが・・・

クリスマスの朝の幸せな一コマである。

d0089538_18502.jpg
  お姉ちゃんにはお願いしていた白いブーツ
d0089538_192783.jpg







おばあちゃんにもプレゼントもらったよ
カナは腕時計、サキはマイメロのメロディタクト(ってなんだよ)
d0089538_1131025.jpg

[PR]
by kuromi-n | 2006-12-27 01:18 | つれづれ日記