突如はまったワイヤーワークでアクセサリーを作っています。ほかにもミシンを走らせたり、編み棒持ったり、とにかく何か作ってます。


by kuromi-n
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

読書感想日記

あれやこれや、バタバタとしている中
ふと、薦められた本をきっかけに最近また読書週間になっています
若干逃避気味なカンジもしますが(笑)
図書館へ行き、2週間で読みきれるのかという程の本をずっしり借りてきて並べてます(笑)


「12番目の天使」 オグ・マンディーノ 著
d0089538_223929.jpg
(あ。まずい。アマゾンから画像拝借したら・・いらんものまで引っ付いてる)
オススメされたので図書館で探したところ児童向けの本しかなく、予約するのも面倒なので(汗)
ワタシは児童書で読みました
確かに子どもにも読んでもらいたい本だと思います
野球を知らないとイマイチ入れないかもしれないけど分かりやすい展開で一気に読めますよ(児童書だったから?)

作者は啓蒙書を多く手がけているそうで
人生の谷間で人は何に救われるのか
人間は思念ひとつで良くも悪くもなるのだ
と、いうことがHowTo本としてではなく物語としてすんなり描かれています

分かりやすい展開なのにあっさり泣かされてしまったうえに、なんだか清清しい読後感
多少アメリカンな前向き思考は否めないものの騙されたと思って自分に言い聞かせてみるのもいいかな~と思わせられました

「食堂かたつむり」 小川糸 著
d0089538_2351345.jpg
映画にもなり話題の本でしたがな~んとなく読んでなかった本
でしたが!キョーレツに引き込まれました
前半は食材と料理についての料理人の心遣いがきめ細やかにつづられており
料理に興味のないワタシ(笑)も感心させられることしきり
料理人ってこんなこと考えて料理を作ってるんだ~と妙に感動

と、中盤までは一人の女性の独立物語として進んでいたお話が
後半一転。
おかんとの確執が氷解してきたとたん母娘三代家族の話となり・・

も~~エルメスとのお別れあたりから号泣
しまいには嗚咽がとまらなくなりしゃくりあげながら最後まで読んでました
こんなに泣かされたのは久しぶりだわ
っつうか、涙腺ユルユルなお歳になってきたんかいな?

とにかく意外に(失礼)ツボにはまった本でした

次に「RDG」の4巻、「獣の奏者」3巻・・と児童文学といいながら大人がハマル本
荻原浩の「押入れのちよ」これから読む「愛しの座敷わらし」・・

・・現実逃避も甚だしい読書週間です
[PR]
by kuromi-n | 2011-11-30 23:41 | つれづれ日記